技能試験

第10回 技能試験(コントロールサーベイ)のご案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では2007年より、オートアナライザー(メーカーを問わず)のユーザー様を対象に、サービスの一環として、ISO/IEC 17043(JIS Q 17043: 適合性評価-技能試験一般要求事項)に適合する、マネージメントシステムを構築し技能試験(コントロールサーベイ)を実施しております。
技能試験は外部精度管理(検査室間精度管理)の一つであり、他施設とのデータ比較、測定機器の精度管理、分析技術の知識と経験、データ解析の適切さを確認する上で非常に重要であると考えます。
9月末に技能試験についてのアンケートを実施し、お客様からの貴重なご意見をいただきました。ご協力ありがとうございました。アンケート結果は、弊社HPにて公開しております。
第10回(2016年)におきましては、幅広く御参加いただけるよう、例年と同様に参加費無料として技能試験を実施いたします。ぜひ、皆様方の御参加をお待ちしております。
なお、第11回(2017年)の技能試験は、全窒素、全りん、栄養塩類の5項目(硝酸態窒素・亜硝酸態窒素、アンモニア態窒素・りん酸態りん・ケイ酸態ケイ素)のみの実施予定です。
第12回(2018年)は、ふっ素・フェノール類のみの実施予定です。

目的参加試験所に対して、当該分析技術に対する自身の技量を客観的に把握して頂き、連続流れ分析法による分析技術全体の信頼性向上に役立てていく。
対象施設CFA(連続流れ分析)装置をお使いの施設
参加費無料(※弊社ユーザー様限定です)
試験方法連続流れ分析法
※試料の取り扱い、濃度範囲、結果のご報告方法等は、参加施設に対し、別途、実施要領を配布します。
対象項目Sample 1 、Sample 2(調製試料)
全窒素・全りん・硝酸態窒素・亜硝酸態窒素・の4項目
送付試料調製試料(各250 ml)の合計2ボトルをお送りします。
※今回は、未知試料はございません。
正確度評価統計処理された集計結果の平均値を仮の真値として評価します。
精密度評価調製試料Sample 1の繰り返し測定(n=6)をお願いします。その結果に基づく統計標準偏差値を基準として評価します。
事業所間評価各項目ごとに適切なばらつきの推定値からZスコアにより評価します。
実施日2017年11月28日(火)に同一ロットを同時にクール便にて発送します。
結果報告集計後個別にご報告します。
※集計結果は参加施設ごとに報告致しますが、他施設の結果についての問い合わせにはお答えできません。
※含有濃度表TNTPFPheNOX-NNO2-NNH4-NPO4-PSiO2-Si
Sample 1-3<5.0<1.0<6.0<0.2<0.2
Sample 4<15.0<0.8<10.0<3.0<5.0<0.7
NOX-N = NO2+NO3-N Unit: mg/L
- :濃度未知

受け付けは終了しました。


※現在お客様にアンケートをお願いしております。お手数ですがお申し込みと同時にアンケートの回答にもご協力下さい。
※受付期限は2016年11月18日(金)です。
なお、試料数には限りが ございますので、定員になり次第、受付を終了させて頂きます。申し込みはお早めにお願いします。その他ご不明な点は以下の担当者にお問い合わせください。

ビーエルテック株式会社 技術部:西村、熊谷、相馬 、八巻(ヤマキ)、小林
TEL:03-5847-0252  FAX:03-5847-0255  E-mail:cs@bl-tec.co.jp

ページ上部へ戻る