第10回 2015年6月5日 大阪

オートアナライザー協会主催の「第10回オートアナライザーシンポジウム」が、2015年6月5日に梅田スカイビルにて開催されました。香川大学瀬戸内圏研究センター、本城凡夫様の基調講演「赤潮発生予察と被害防止技術」を皮切りに、興味深い発表が行われました。

10thaasympo

休憩時間には山形県農業総合研究センターの本間猛俊様にご提供頂きました、つや姫の試食が行われ、大変な好評を博しました。

IMGP7157

 

協会挨拶

 オートアナライザー協会会長
 鹿児島大学 水産学部 教授
 前田 広人
maeda
基調講演
「赤潮発生予察と被害防止技術」


 香川大学 瀬戸内圏研究センター
 ジェネラルマネージャー
 本城 凡夫
honjou
「分析における器具の省略化」

 元大分県衛生環境研究センター研究員
 牧 克年
maki
「環境計量証明事業所における分析試料の管理について ~当社の事例紹介~」

 株式会社日本総合科学 
 環境事業部 調査・分析課 主任
 谷脇 雅俊
taniwaki
「排水中窒素・りん標準物質の開発」

 株式会社環境総合テクノス 
 計測分析所 リーダー
 光田 均
mitsuda
「山形県における水稲育種とアミロース分析について」

 山形県農業総合研究センター 水田農業試験場
 開発研究専門員
 本間 猛俊
honma
「アオコが生産する毒素の問題と対策」

 信州大学 理学部 理学科 物質循環学コース 生態毒性学研究室 教授
 朴 虎東(パク ホードン)
park
「第8回技能試験 結果のご報告」

 ビーエルテック株式会社 技術部 課長 
 西村 崇
nishimura

 

講演要旨集をご希望される方は、弊社担当者までご連絡ください。尚、数に限りがありますので、お早目にお問い合わせください。第11回オートアナライザーシンポジウムは、東京で2016年6月頃に開催の予定です。

A4版  38ページ

book02

<ご連絡・ご請求先>

オートアナライザーシンポジウム開催事務局

ページ上部へ戻る