第1回 2005年6月15日 東京

6月15日(水)に、オートアナライザー協会主催の第1回オートアナライザーシンポジウムがサンケイプラザ(東京都千代田区)において開催されました。100名を大きく超えるご参加を頂き、盛会のうちに閉会いたしました。

 今回の講演は、

基調講演
「これからの水問題」
前田 広人
「土壌汚染対策法におけるシアン・フッ素の自動分析技法の検討」北井 亜希子
「金属チオシアン酸錯イオンを用いるポリオキシエチレン系
 非イオン界面活性剤の吸光光度法における自動化」
中村 栄子
「有明海の赤潮発生と富栄養化の関係と海域の栄養塩分析の問題点」堤 裕昭
「水質基準における吸光光度法の役割」菅原 昇
「新テクノロジーを用いた吸光光度法の自動化技法」川本 和信

以上6題でした。

どの演題においても、非常に興味深い研究成果や問題提起がなされ、質疑応答では、活発な論議がありました。

第1回 オートアナライザーシンポジウム

 また、シンポジウムの発表後、引き続き交流会も開催され、  演者と参加者でざっくばらんに意見交換がおこなわれました。
第1回 オートアナライザーシンポジウム
 来年以降も開催を予定(原則年1回)しておりますので、開催に関しましてご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡下さい。次回開催の参考にさせていただきます。
 また、今回のシンポジウムの「講演要旨集」をお分けいたします。数に限りがございますので、お早めにお申し付け下さい。
オートアナライザーシンポジウム開催事務局
ページ上部へ戻る