第4回 2008年6月13日 大阪

オートアナライザー協会主催の「第 4回オートアナライザーシンポジウム」が、2008年6月13日に大阪梅田のスカイビル36階にて開催されました。当日は晴天に恵まれ、 150名を超えるお客様にご出席頂きました。

オートアナライザー協会会長の前田広人先生より、シンポジウム開催に当たっての挨拶がありました。

 

協会挨拶
 オートアナライザー協会 会長
 前田 広人
基調講演
「環境問題と国際政治」
 中部大学 総合工学研究所 (副所長) 教授
 武田 邦彦
「フィールド研究におけるオートアナライザーの応用例」
 京都大学 フィールド科学 教育研究センター
 和歌山研究林町 森林生物圏部門 森林生態保全学分野 准教授
 徳地 直子
「地下水中の硝酸イオン等のオートアナライザーでの分析 - 一事例」
 金沢大学大学院 自然科学研究科 物質工学専攻
 環境・生物システム講座 准教授
 川西 琢也
「これからの計量証明事業所の進むべき方向 Ⅱ」
(「国際規格ISO/IEC17025認定試験」所について)
 日本認定試験所協議会(ATLC) 副会長
 環境総合研究機構株式会社 代表取締役社長
 日本総研株式会社 代表取締役社長
 大石 一成
「成願寺川右岸扇状地における
 浅層地下水中の硝酸性窒素の動態」
 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構
 中央農業総合研究センター 北陸研究センター
 田畑輪換研究チーム 主任研究員
 大野 智史
「第2回コントロールサーベイ(精度管理)のご報告」
 ビーエルテック株式会社  技術部
 西村 崇
交流会

 シンポジウムの発表後には 、恒例の交流会が催されました。

 第5回オートアナライザーシンポジウムは、2009年6月頃に東京で開催の予定です。皆様方のご参加を事務局一同心よりお待ち申し上げております。

また、今回のシンポジウムの「講演要旨集」をお分けいたします。数に限りがございますので、ご入用の方はお早めにお申し付け下さい。

 

A4版  38ページ

 

<ご連絡・ご請求先>

オートアナライザーシンポジウム開催事務局

ページ上部へ戻る