第5回 2009年6月12日 東京

 オートアナライザー協会主催の「第 5回オートアナライザーシンポジウム」が、2009年6月12日に東京大手町のサンケイプラザにて開催されました。当日は晴天に恵まれ、 120名を超えるお客様にご出席頂きました。

オートアナライザー協会会長の前田広人先生より、シンポジウム開催に当たっての挨拶がありました。

 

協会挨拶
 オートアナライザー協会 会長
 前田 広人
基調講演
「水環境基準の課題と展望」
 埼玉県環境科学国際センター 総長
 東北大学大学院工学研究科 客員教授
 NPO環境生態工学研究所 理事長
 須藤 隆一
「バイオエコシステムを活用した水環境保全再生戦略」
 福島大学 理工学群共生システム理工学類 教授
 稲森 悠平
「ラフィド藻赤潮の発生機構」
 香川大学瀬戸内圏研究センター長
 九州大学 名誉教授
 本城 凡夫
「 国際的な海水中栄養塩データのコンパラビリティ(比較可能性)は何故気候変動の研究に必要か?
 - ラボ内部のコンパラビリティから国際的なコンパラビリティへ」
 気象庁 気象研究所 地球化学研究部
 主任研究官
 青山 道夫
「流れ分析法のJIS化の動向について」
 社団法人 日本環境測定分析協会 会長
 株式会社 環境管理センター 取締役
 橋場 常雄
「第3回コントロールサーベイ結果のご報告」
 ビーエルテック株式会社  技術部
 西村 崇
交流会

 シンポジウムの発表後には 、恒例の交流会が催されました。

 第6回オートアナライザーシンポジウムは、2010年6月頃に大阪で開催の予定です。皆様方のご参加を事務局一同心よりお待ち申し上げております。

 

 また、今回のシンポジウムの「講演要旨集」をお分けいたします。数に限りがございますので、ご入用の方はお早めにお申し付け下さい。

 

A4版  74ページ

<ご連絡先>

オートアナライザーシンポジウム開催事務局

ページ上部へ戻る