第6回 2010年6月11日 大阪

オートアナライザー協会主催の「第 6回オートアナライザーシンポジウム」が、2010年6月11日に大阪梅田のスカイビル36階にて開催されました。

当日は晴天に恵まれ、 150名を超えるお客様にご出席頂きました。

協会挨拶
 オートアナライザー協会会長
 三重大学 生物資源学部
 教授 前田 広人
「八代海の環境保全について」
 熊本県立大学 環境共生学部 環境資源学科 
 教授 大和田 紘一
「流れ分析法のJIS化の動向」
 財団法人日本環境測定分析協会 会長
 株式会社環境管理センター 取締役 執行役員部長
 橋場 常雄
「瀬戸内海の栄養塩異変」
 香川大学 農学部 応用生物科学科
 教授 多田 邦尚
「流れ分析法による水質分析への適用例」
 住友金属テクノロジー株式会社 和歌山事業所
 試験部 部長
 岡 圭男
「琵琶湖流入河川の水質・負荷量の詳細調査」
 滋賀県琵琶湖・環境科学研究センター 総合解析部門
 副部門長 大久保 卓也
「コントロールサーベイについて」
 ビーエルテック株式会社 技術部
 主任 西村 崇
交流会

シンポジウムの発表後には 、恒例の交流会が催されました。

 

 第7回オートアナライザーシンポジウムは、2011年6月頃に東京で開催の予定です。皆様方のご参加を事務局一同心よりお待ち申し上げております。

 

 また、今回のシンポジウムの「講演要旨集」をお分けいたします。数に限りがございますので、ご入用の方はお早めにお申し付け下さい。

 

A4版  38ページ

 

<ご連絡・ご請求先>

オートアナライザーシンポジウム開催事務局

ページ上部へ戻る