全自動酸分解前処理装置

試料調整・酸分解処理作業から解放されます!

金属類分析の酸分解等前処理における試薬の添加、撹拌、加熱、放冷、内部標準液添加、メスアップに至る全ての工程を自動で行う装置です。
危険な試薬の添加による人への曝露、ヒューマンエラー、人件費等による膨大な分析コスト、コンタミによる分析値の信頼性の低下等を全て解決いたします。
専用のバイアルは、コンタミ防止と分析の省力化に役立ちます。

 

全自動酸分解前処理装置の4つの特徴

自  動

DEENAは、全自動試薬添加加熱酸分解前処理装置です。作業者はサンプルをバイアルに入れてパソコンのスタートボタンを押すだけ。その後の試薬添加、攪拌、加熱、放冷、標準液やスパイクの添加からメスアップに至るすべての作業を、DEENAが全自動で行います。DEENAを用いて前処理を自動化することにより、人為的ミスを防ぐことができます。

耐  性

DEENAに含まれるすべての機器内部の電子部品は、PTFEと耐薬品性粉体塗装鋼で保護されております。また、酸雰囲気にさらされる部分は炭素繊維と特殊樹脂を使用しております。そのため、DEENAは過酷な酸雰囲気でも確実に動作を続けます。

効  率

DEENAには、スタンバイ機能があります。例えば、朝の8時に120℃になるようスタンバイ機能を設定することにより、ホットプレートの加熱を待つことが無く前処理に取り掛かることができます。DEENAは分解操作全体を完全に自動化することができるため、人手不足で悩むお客様のラボに最適です。

安  全

DEENAを用いることによって、ふっ酸や硝酸等の危険な酸添加をすべて自動で行うことができるため、酸試薬からの人への曝露を防ぐことができます。オプションのヒュームフードを用いることにより、ドラフトの作業スペースを確保できるため、空間の有効な活用が可能となります。

全自動酸分解前処理装置を動画でご紹介します

「全自動酸分解前処理装置(DEENA)のご紹介」

DEENAの機能を動画でご紹介します。

ソフトウェア

DEENAのソフトウェアは、視覚的で簡単に操作できるように、アイコンやメニューで構成されています。分析に使用するメソッドは、ラボで使用している手法をDEENAで再現できるようにカスタマイズして使用します。分析で頻繁に使用されるメソッドはあらかじめインストールされており、そのまま使用する事が出来ます。各動作のコマンドには、レポートにタイムスタンプが付いており、トレーサブルな工程管理が可能となっています。コマンドの実行中には、各サンプルを追跡するため、作業のログを印刷またはエクスポートする事が出来ます。

仕様

サイズ(幅)825mm × (奥行)571mm × (高さ)546mm
重量59㎏

アクセサリー

ヒュームフード耐酸ファンをヒュームフードに取付けて、酸ミストや酸ヒュームを吸引する事により、よりクリーンな作業環境を確保することができます。また、ドラフトの作業スペースも確保できます。HEPAフィルターが装備されているため、簡易のクリーンベンチとしても使用できます。
バイアル容量: 15ML 50ML 100ML
材質: ポリプロピレン 室温~135℃
    PTFE 室温~200℃
    ガラス 室温~300℃以上