栄養成分表示

30秒で測定!!試薬不要!! 栄養成分分析装置のご紹介

栄養成分分析装置

2020年4月より加工食品に対する栄養成分表示の義務化がスタートしました。
しかし・・・

• 従来法は手間やコストがかかる、、、
• 納期を短くできない、、、
• 再分析も多く、とにかく大変、、、

そんなお悩みを解決します!!

1.栄養成分分析に特化
2.測定値をそのまま成分表示*に使える
3.測定時間は 約30秒
4.タッチパネル式で操作は簡単
5.豊富な検量線データを保有、手分析データを追加して再構築も可能
6.試薬いらずで、分析コストが下がる
*「この表示値は、目安です。」「推定値」と示せば使用可能

誰でも迅速、簡便、正確に栄養成分5項目の測定が可能!!

手順はいたって簡単。

試料粉砕 → 袋詰め・密閉 → 測定(ボタン一つで測定開始)

フードプロセッサー等で粉砕したサンプルをナイロン袋に入れ、シーラーで密閉し、そのまま測定部に乗せて測定するだけです。

栄養成分基本5項目+αの測定が可能

・熱量
・たんぱく質
・脂質
・炭水化物
・塩分相当量
・食物繊維
・灰分
・水分
その他項目も多数測定可能

しょうゆ業界では既に活躍しています!!

しょう油の成分分析

近年、普通の醤油だけでなく、「たれ」「つゆ」「ポン酢醤油」など、醤油をベースとした加工調味料が多く製造されています。
公定法で分析を行うには「設備」「人手」が必要で、分析を外部に依頼するとしてもサンプル数が多くなると、金額的な負担も大きくなります。
そこで、一般社団法人 日本醤油技術センター様では、この近赤外分析装置を導入し、全国の醤油事業者へ向けて安価で迅速な分析データの提供をされています。