オートアナライザーをより長く、ご安心してご利用いただくために

05.01

ビーエルテックニュース

オートアナライザーをより長く、ご安心してご利用いただくために

 

AutoAnalyzer(オートアナライザー)の歴史を紐解いてみると、ビーエルテック社は、その前身であるブラン・ルーベ社-テクニコン社と遡りますが、テクニコン社時代からの日本国内でのご利用実績 は1,000台を超えます。その稼働率は非常に高く他に類をみません。現在でもテクニコン社時代に販売した装置をご利用いただいてるお客さまも決して少なくはありません。しかしながら機器の老朽化や新しい技術の応用には、どうしても対応できなくなっているのが現状ではないでしょうか。

弊社は一昨年ISO14001、ISO9001を取得し、低炭素化社会の形成・循環型社会の形成を常に念頭に置きながら新技術の開発に努めて参りました。また一方ではより良い製品とサービスのご提供をISO9001の理念に基づき、惜しむことなく顧客に提供しております。

昨年は3月11日に発生した東日本大震災により延期となっていた、オートアナライザー シンポジウムも今年から継続して実施することと相成りました。また第5回コントロールサーベイ(技能試験)も既に実施し、より多くのお客様に、ひとつ上をゆくサービスのご提供を実施しております。 弊社は分析機器の開発・製造・販売を行っておりますが、単なる機器の販売だけではなく、ある意味分析の正確かつ精度の高いデータを提供していると認識しております。より多くのお客様に長期間安心してご利用いただくために、比較的老朽化した装置をご利用のお客様やあまたの装置ご利用のお客様を中心に、お客様先において、トラブルシューティングを中心としたセミナーや技術者による機器の直接診断を実施しております。

下の写真は某社でのプレゼンテーションセミナーの様子です。ご希望のお客様は担当営業にご遠慮なくご相談ください。

k_seminark_seminar2

03-5847-0252

おすすめの記事:

    None Found

関連記事

ページ上部へ戻る