酸分解前処理装置DEENA(ディーナ)を用いた事例のご紹介

弊社が酸分解前処理装置DEENA(ディーナ)の販売を始めて3年が経過した。金属前処理装置販売の知識や経験が何もない弊社であったため、最初は手探りで始め販売啓蒙活動も、3年が経過した今では、アプリケーションや分析ノウハウも多く蓄積され、顧客の分析前処理ニーズに合わせた提案をできるまでになってきた。これまでに培ってきた分析事例の一例を、以下に紹介する。

DEENAの特徴

試薬の添加、撹拌混合、加熱加温、冷却放冷、内部標準試薬の添加、メスアップに至るまでを全自動で行うことができる装置である。

飲料水分析

● 分析手法
試料分取→硝酸添加→加熱(容量が1割以上減少するまで)→放冷→メスアップ

● 特徴
ヒュームフードで覆って分析を行うため、亜鉛やアルミ、ナトリウム等のコンタミを1/10~1/100まで減少させることができる。

排水や環境水等のヒ素、セレン(水素化物発生-原子吸光光度法(ICP発光法))

● 分析手法
試料分取→酸試薬添加→加熱(180℃)白煙が出るまで→試薬添加→ろ過(必要であれば)→メスアップ

● 特徴
時計皿の設置やろ過等、人の介在する作業が必要になるため、前処理を全自動で行うことはできないが、手間のかかるヒ素、セレン前処理の工数削減のメリットは大きい。ホットプレートにおける温度のバラつきが無い為、蒸発状況確認管理等の必要が無くなる。

お米や稲穂中のカドミウム、鉛

● 分析手法
サンプル分取(米は細かく砕いたもの)→硝酸添加→加熱(時計皿を置く)→放冷→メスアップ

● 特徴
加熱の際は時計皿を置いて硝酸を還流させるようにする。突沸するようなサンプルは、最初低温で徐々に温度を上げていくとよい。稲穂はシリカを含む場合が多いので、分解後はシリカの沈殿物が残る。その場合はろ過を行う。

作業環境金属項目のろ紙

● 分析手法
ろ紙をバイアルに入れる→王水や硝酸を添加→時計皿を置く→加熱→放冷→メスアップ

● 特徴
時計皿を置いて酸を還流させると、分解が早くなり、また硝酸を都度追加する手間を省くことができる。セルロースろ紙は完全溶解させる。ガラス繊維ろ紙はろ過を行う。B測定も入れると、測定検体数が多くなる作業環境測定の為、60検体を1バッチで測定できるDEENAのメリットは大きい。

鋼や非鉄金属等における王水分解

● 分析手法
サンプル分取→塩酸・硝酸を添加→加熱→放冷→メスアップ

● 特徴
サンプル性状にもよるが、ホットプレートの温度は100℃程度でも十分に溶解できる。王水の分解ガスによる人への曝露を防ぐことができる。(王水ガスはとても臭い)

金属シリコンにおける硝酸・ふっ酸分解

● 分析手法
サンプル分取→硝酸添加→ふっ酸を1滴入れて30秒放置、この作業を繰り返す→溶解したらメスアップ

● 特徴
シリコンはふっ酸との反応性が非常に高い。1滴入れて放置等の作業はDEENAで行うことがより効率化に繋がる。ふっ酸は非常に危険な試薬である。DEENAを用いることにより、人の危険な作業からの開放が可能となった。

材質ホットプレート部:ジルコニアにふっ素コーティング部材(酸ミストに接触する部分):PTFE
試薬の添加最大9種類の試薬を装備可能。ペリスタリックポンプにより、任意の吐出量が制御可能。
撹拌バイアルトレーが細かく振動することによる撹拌。
加熱室温~180℃/温度プログラムを組むことが可能。
加熱や放冷の調整バイアルトレーの上下稼働により、加熱や放冷の制御。
シリンジモジュールを用いた試薬の添加添加精度を要求される内部標準液や試薬の添加に用いる。
メスアップ超音波を用いた高さセンサーによるメスアップ。液面とは非接触。